ニュース

2020.11.25
殿岡 晟子 先生
35歳前後のがっちりとした男性が店の前を通られ、私が「いかがですか?」と声をかけて目があった途端に座られました。
「特に悩みはないんだけど、手相見てよ!手相占い好きでいろんな所でみてもらっているんだ」と話されました。
知能線が2本出ていました。1本は太く長く、手の平の端(第二火星丘)まで到達するリアリストタイプ。もう1本は薄く短い線がその下に出ていました。頭がいいことを表しています。
「一芸に専念すると匠になれますよ!」と鑑定すると、びっくりされたような顔をされました。
「いろんな所でみてもらったが、2本目の線のことを言ってくれたのはここが初めてですよ!」
この方は電器工事をしている職人さんで、関連の国家資格もいっぱいもっているということでした。
お誕生日をみると真ん中の星は『車騎星(しゃきせい)』でした。
肉体を使う仕事が向いており、責任感・実行力のある人です。「立派な2代目になりますよ」と声をかけると嬉しそうにしていらっしゃいました。
一覧に戻る