ニュース

2021.10.04
有馬 かつ子 先生
優しそうな高校生の男の子がお母様と一緒に来店されました。
「将来、動物関係の仕事に就くのが夢で、高校を卒業したらその道の学校に進みたいと思っています。今は父の仕事の関係で東京に住んでいますが、来年大阪に戻る予定です。ただ、進みたい学校が大阪にはないので自分は東京に残りたいのですが、両親が心配していて…」とのことでした。
手相を拝見すると、運命線が手の端(月丘)から出発していました。月丘から出発する運命線は他郷で開運する人です。他人が助けてくれて、他人に好かれます。
お誕生日をみると『辰巳天中殺(たつみてんちゅうさつ)』でした。この天中殺の方は親元から離れて自立すると開運します。さらに中心の星、主星が『石門星(せきもんせい)』で、協調性があり人を結びつける人です。手相やお誕生日からみても、親元を離れてもきっと上手くやっていけます。むしろ離れた方が吉です。
鑑定を一緒に聞いていたお母様も安心したご様子で、「息子の夢を応援したいので、前向きに考えてみます」と親子2人、笑顔でお帰りになりました。
一覧に戻る