ニュース

2021.09.06
有馬 かつ子 先生
20代後半のすらっとした男性が鑑定にいらっしゃいました。
「子どもの頃から憧れていた職業につきましたが、今の部署が24時間勤務で体力が追い付かず疲れやすくて…。辞めた方がいいのか悩んでいます」とのことでした。
手相を拝見すると、生命線があまり張り出していなく、ゆるやかなカーブで伸びていました。生命線の張り出しは「タフさ」を表していますが、彼の手相は体力旺盛ではありません。無理無茶をせず、自分にあった生活を送った方がいいです。
お誕生日をみると、仕事の星が『玉堂星(ぎょくどうせい)』でした。知的で勉強好き、机上の学びを得意とするので、動いて活躍するよりデスクワークで活躍できます。
「苦労して就いた憧れの職業なら辞めてしまうのではなく、お客様にあった内勤の部署を希望してみてはどうでしょうか」とお伝えすると「そうですね。どんな形でも憧れていた職業に関わりたいという気持ちは変わらないので、自分にあった方法で諦めずに行動したいと思います」とスッキリとしたお顔でお帰りになりました。
一覧に戻る