ニュース

2021.03.08
有馬 かつ子 先生
ご夫婦で来店されたやさしい雰囲気の旦那様。
「離れて暮らす母親の体調があまりよくなく…、心配なので親と自分たちの家を売って、お互いが住んでいる中間地点に家を買いたいと思っています。どうでしょうか?」とのことでした。
手相をみると感情線が太く目立ち、その末端が小さく3つに分かれていました。
これは世話好きな愛情タイプの手相で、面倒見がよく、お世話することが好きなので、同居にはとても向いています。身近な人の世話をして幸せになれます。
お誕生日をみると『子丑天中殺(ねうしてんちゅうさつ)』でした。
去年、今年は天中殺の時期で新しいことを始めない方がいい、準備の時期です。
「お母様のこと心配ですよね…。同居はとてもいいのですが、家の購入はもう少し待って、もし、どうしても急ぐようでしたら、天中殺があけるまでは賃貸で一緒に暮らすのはどうでしょうか。また、来年購入のため、多くの物件を見に行ったり、間取りや家具の準備もいいです」とお伝えしたところ、「家を買うことしか頭にありませんでした。確かに一緒に住むといっても色々な方法がありますよね。焦って家を買うより冷静に準備してから天中殺あけに購入したいと思います。頭が整理できました。ありがとうございます」とスッキリした様子でお帰りになりました。
一覧に戻る