ニュース

2021.04.05
境 五月 先生
午後のゆったりとした時間帯、神秘的な40代後半の男性が険しい顔でご来店されました。
「占いが好きで占い学校に入学したのですが、たくさんの生徒の前で将来不幸になる…と言われてとても傷つき、それ以降、続ける気になれず学校を辞めました。その言葉がずっと気になっていて…、今後や未来を知りたくて東明館に来ました。あと、今年良い土地を見つけたので家を建築予定です。どうでしょうか…」とのご相談でした。
手相を拝見すると、太陽線が感情線のあたりから強くハッキリと伸びていました。太陽線は幸せ運や夢が実現するかどうかを表しています。この手相は晩年幸せタイプで晩年期(55才頃)から人に大きく認められ幸せになります。それまでは勉強し、コツコツ自分を磨くと楽しくなります。
また、お誕生日をみると今年は『禄存星(ろくぞんせい)』が回っていました。回転財運の星で不動産売買に良い年です。
と、お話すると「7年間住んでいた家が今年思っていたより良い価格で売れたんです!そして、将来不幸になるという言葉がずっと不安でしたが、これからは幸せになれると聞いて安心、勇気が持てました!ありがとうございます。」とニッコリしてお帰りになりました。
一覧に戻る