ふき先生のブログ

2016年10月27日

ふき先生のブログ 第21回目

晩秋のある日の早朝、御茶ノ水から中央線のシルバーシートに座りましたら、
荷物を見て隣の方から「旅行ですかー」と聞かれました。

「いえ、仙台まで仕事です。」とお答えしたところ、
「幾つになっても仕事とは羨ましい限り」と言われました。

何気ない会話ですが、とても印象的で思わず
日々当たり前のように活動している自分をみるきっかけになりました。

ある生徒さんは御年74歳とても元気バリバリで1日3件から4件のスケジュールを組みます。
カルチャーからお茶会と手帳が埋まらないと不安になるとの事
「家でのんびり過ごすのはどうしたらいいの?」が質問です。

生き方は百人百様、自分らしく生きるのは手相の線がヒント。
しっかり見つけていただきたいものです。

仙台休日倶楽部の秋期講座が始まりました。
去年の抽選漏れの方や再受講の方もいらして、総勢54名のクラスです。
平均年齢66歳、秋田や盛岡・山形方面と遠方も多く月1回の講座に参加されます。

皆様が楽しみに毎回出席されるのは講師冥利につきます。
覚えて活用までには時間がかかりますが、
手相の勉強を終え周囲の人達にアドバイスができるようになると
人の役に立つ面白味で顔が輝きます。

これからも多くの幸せなお顔を増やしたいものです。
寒さ厳しき候、風邪にご注意下さい。

不動 ふき

トップ鑑定士が語る 「東明館の運命コンサルタント」